• ホーム
  • 独自ドメインの取得方法とメリットを学ぶで

独自ドメインの取得方法とメリットを学ぶで

パソコンを使う女性

独自ドメインの取得方法は二つあり、レンタルサーバーを契約する際に同時契約する方法と、ドメイン取得サービスを利用する取得方法があります。レンタルサーバーを契約する会社でドメインを取得すれば、登録や設定を代理で行ってもらえます。ドメイン取得サービスは名前の通り、ドメインの取得を専門としたサービスです。こちらは設定を自分で行う必要があるため、手間がかかりますがレンタルサーバーの契約と同時契約より安価で取得できるのが特徴です。

ドメインは既に取得されているものは使うことができないため、使用がないものを考えなければなりません。しかし、よくあるのはURLが○○.comは既に使われていたものの○○.netであれば取得できたというケースです。ドメインは任意の文字列とトップレベルドメインと呼ばれる文字列を組み合わせて作ることになります。このトップレベルドメインには種類があり、国コードトップレベルドメインや属性型(組織種別型)JPドメイン、分野別トップレベルドメインがあります。

国コードトップレベルドメインは国や地域に割り当てられているドメインのことで、日本であればjp、アメリカであればusのように国を表すものが多いです。基本的にその国や地域の居住者(個人・団体)以外は取得できないのが特徴です。属性型(組織種別型)JPドメインは組織向けのドメインで、.jpの前に文字列が入っています。よく見かけるものとしては、co.jpやne.jpなどがあります。組織向けのものであるため個人では取得できません。分野別トップレベルドメインは取得者の居住国には関係なく誰でも取得できるもので、よく見かけるのは.comや.netなどがあります。以上のように独自ドメインは慣れない人には設定が分かりにくいこともありますし、費用もかかります。それでも独自ドメインを利用するメリットはあり、その魅力は同じURLを使い続けられることや、SEO的に最適ということです。

まず、同じURLを使い続けられるということですが、もし無料のホームページ作成サービスやブログサービスを利用していた場合で考えてみましょう。これらは設定の手間も費用も掛からず利用できますが、サービス提供会社がサービスをやめた場合、そのURLは使うことができなくなってしまいます。しかも、せっかく作り上げたサイトのデータもなくなってしまいます。しかし、独自ドメインであればデータをたとえ使っていたサーバーを使えなくなったとしてもデータさえ移せばそのまま同じURLを使い続けることができます。

次にSEOの面でのメリットですが、Googleの検索エンジンは同じドメインからは2つのページしか表示させないルールがあるため、同じホームページ作成サイトで競合サイトが多数あった場合表示されない可能性がありますが、独自ドメインであればそのような心配がありません。