• ホーム
  • ドメインのお引越し?「ドメイン移管」について説明するで

ドメインのお引越し?「ドメイン移管」について説明するで

ドメイン移管とは現在使用しているドメインの管理を別の業者に移すことです。管理している業者のことをレジストラといいますが、これはサーバーの管理業者とは別の業者でも利用できます。そのため、サーバーの契約はそのままでレジストラのみ変更することができるのです。ドメインを取得したときの業者でそのまま契約し続けている人は少なくありませんが、わざわざ変更する理由はあるのでしょうか。ドメイン移管を行うメリットは、主にレジストラによる料金やサポートの違いです。

料金やサポートの違いは分かっていながらも手続きがよく分からない、面倒などという理由でレジストラを変えずにいる人もいます。しかし、ドメインは使い続ける限り料金を支払わなければならないもののため、レジストラの見直しによって運用費を下げられるのはメリットです。また、トラブルへの対応が良くなるといったサービス面での違いも長く使う上では重要なことです。手続きには数日から数週間かかりますが、手続きの内容を理解していればスムーズに移管も終えられます。業者ごとに違いはありますが、主な移管の流れを説明します。

ドメイン移管はレジストラを変更する作業なので、現在契約中の業者と移管先の業者と手続きをしなければなりません。まずは、今のレジストラに他の業者へ移管の申請が必要です。この申請はサイト上から行いますが、申請をすると認証鍵を入手することができます。これはメールで送られてきたり管理画面で確認したりします。認証鍵は移管に必要なパスワードなのでメールで送られる場合は、見落としや間違って削除してしまうことのないように注意しましょう。

次は、移管先の業者のサイトから申請を行います。必要事項を入力し、移管したいドメイン名の確認などをする作業です。これを終えると、今のレジストラからドメイン移管の確認のメールが届きます。あとは業者が手続きを進めるので、手続き完了のお知らせを待つだけとなります。

どの業者も流れは同じことが多いですが、業者によって違うこともあるので、実際に手続きをする際は事前に確認をしてください。以上のように業者の比較や手続きなど多少手間がかかりますが、ドメインを契約し続けるのであれば運用費はなるべく抑えたいものです。一度、検討してみると良いでしょう。ただし、ドメインの契約のタイミングや残りの契約期間によっては移管ができない場合もあるので注意しましょう。