• ホーム
  • 【番外編】バックリンク・被リンクってなんのこっちゃ?

【番外編】バックリンク・被リンクってなんのこっちゃ?

色々なSNSサイトのロゴ

SEO対策でよく耳にする言葉ですが、バックリンク(=被リンク)とは、外部サイトから自分のサイトに設置されたリンクのことです。面白い記事や自分のサイトのコンテンツの参考として外部サイトを紹介するリンクが設置されているのを目にすることはないでしょうか。これがバックリンク(=被リンク)です。このバックリンクは、集めることで自分のサイトのドメインの価値を高めることができます。Googleが検索結果を上位表示する評価の基準に、このバックリンクの数も含まれているからです。

この、バックリンクは数だけが大切ではなくリンクの質も大切です。ただリンクの数だけ集めるのであれば、関連のないサイトを作ってアクセス数を増やしたいサイトへリンクを設置する自作自演を行ってもできます。しかし、これはGoogleのガイドラインに違反するものでペナルティを受けることもあるのでおすすめできません。ペナルティとは、検索圏外にとばされてしまうことです。SEO対策で重要なのは、価値のあるコンテンツだから紹介されているようなナチュラルリンクと呼ばれるものです。

以前は外部サイトに設置されたリンクの数さえあれば評価の対象になっていましたが、それが原因で低品質のコンテンツの中に機械的にリンクが張られることが増えてしまいました。また、有料で関連のないサイトに不自然な形でリンクを張るサービスやツールでリンクを作成するサービスもあり、この結果、低品質なコンテンツが増え、現在はリンクの質も評価基準に含まれるようになりました。現在の評価基準では、自然に張られたナチュラルリンクのみが評価されるようになっています。

ナチュラルリンクは不自然な相互リンクや、関連性のないサイトに設置されていないことが特徴です。自然な流れで設置されるものなので、IPアドレスやドメインに偏りもありません。このようなリンクはGoogleから評価され検索結果に上位表示されるようになります。逆に、これらに反するような不自然なリンクはペナルティを受けてしまいます。

中古ドメインでは、このナチュラルリンクを引き継いでいることがメリットですが、悪質なリンクを引き継いでいる場合もありリスクがあります。悪質なリンクを引き継いでいると中古ドメインを使うメリットはないので、事前に確認することが大切です。バックリンクの数や質を分解できるツールもあるので、中古ドメインを使うのであればこのようなツールを利用すると良いでしょう。