お知らせ
パソコンの前にいる元気な男性

ドメインとは簡単に言うとインターネットにおける住所の役割を持つもので、ホームページを作る際には欠かせないものです。これはインターネット上に同じものは存在しないため、ドメインを見ればそのコンピューターやネットワークがどこに属しているものなのか識別することができるのが特徴です。

ドメインについて簡単に説明しましたが、ホームページを作ったりメールアドレスを作ったりしようとするときに聞くことの多いのが独自ドメインサブドメインという言葉です。どちらもインターネット上での識別に使われるものですが、その違いは何なのでしょうか。

独自ドメインとはその名前の通り、利用者自身が自由に文字列を決めて利用できるもののことで、例えばホームページのURLが○○.comといった文字列であった場合、○○の部分のことを指します。元々、ホームページやコンピューターにはIPアドレスが振り分けられています。これもインターネット上の住所と言えますが、IPアドレスは数字のため全て覚えておくことは実用的ではありません。そこで、実際に検索をするにはドメインを入力すれば良いようになっているのです。

では、IPアドレスとドメインはどのように結びついているのでしょうか。IPアドレスとの紐付けは、DNS(ドメインネームシステム)という仕組みによって行われています。DNSとはドメインの名前を検索する仕組みのことで、ドメインをIPアドレスに変換することで、IPアドレスに結び付くようになっています。

サブドメインは、独自ドメイン内での識別を更に細かく分けるものです。独自ドメインの中を区切って利用するもののため、独自ドメインがなければ作ることができません。URLが○○.comというものの場合、aa.○○.comやab.○○.comと言うように独自ドメインの前に文字列を加えてドット(.)を付けると区切ることが可能です。この文字列は自由に決めることができ、サービス提供会社によりますが、独自ドメインと比較すると安価で利用できることや無料で利用できることもあります。

これに似た役割を持つものとしてサブディレクトリがあります。サブドメインはドメインの前につく文字列のことですが、サブディレクトリはスラッシュ(/)で区切った後ろに付く文字列のことです。サブディレクトリはあるディレクトリ(=情報)の下層に作られた情報という意味がありますが、ディレクトリとはフォルダのことです。ドメインがフォルダと考えてもらうと分かりやすくなりますが、フォルダの中を細分化しているのがサブディレクトリです。大きなフォルダの中に更にフォルダを作っているような状態です。無料のブログサービスなどを利用する場合、このサブディレクトリが自分のページとして与えられることがあります。